洗顔では洗いすぎに注意

洗顔では洗いすぎに注意

洗顔で注意したいのが、洗い過ぎです。

 

洗顔は、顔についた汚れをしっかりと洗い流さなければいけません。

 

顔には表面についた油分はもちろん、古い角質や毛穴の奥に入り込んだ汚れ等、目には見えない物まできちんと落とさなければいけないでしょう。

 

これらが残ったままでは、顔がくすみ、肌荒れを起こし易い肌になってしまうかもしれません。

 

だからといって、洗い過ぎてはいけません。
洗顔は、肌に負担をかけています。
ごしごしと洗い過ぎていると、どんどん肌が摩擦され、負担が掛かり、炎症や肌荒れに繋がってしまうでしょう。

 

理想的なのは、適度な洗浄力を持った洗顔料で、丁寧に短時間で洗い上げる事です。

 

洗浄力の強すぎるものを使うと、どんどん肌に負担が蓄積されていきます。

 

しかし、洗浄力の弱いものだと十分に汚れを落とすことができないでしょう。

 

適度な洗浄力で、優しくさっと洗うだけで汚れが落ちるものが、一番ベストなのです。

 

洗うときは、たっぷりの泡で優しく包み込む様に洗って下さい。
間違っても、手で擦ってはいけません。

 

泡で洗うだけでも、肌表面の汚れを落とすことは可能です。

 

 

優しく、そして泡を乗せる時間を出来るだけ短時間に抑えて洗うようにしましょう。

↓劇的効果!最新毛穴ケア

page top