顔が何となく黒い

顔が何となく黒く感じるのはなぜ?

 

顔がなんとなく、黒いと感じることはありませんか。

 

 

顔は他の皮膚よりも白くなりがちな部分です。

 

スキンケアで丁寧にお手入れをする部分だからでしょう。

 

 

しかし、肌がくすんでいると首よりも黒く感じてしまう場合があるのです。

 

くすみのある肌は透明感もなく、お化粧のりも悪く感じてしまうでしょう。

 

 

これには、さまざまな原因があるのです。

 

 

たとえば、弱酸性など刺激の弱い洗顔料を使い続けていると顔が黒くなってしまう場合があります。

 

肌に優しく洗顔をすることは大切ですが、汚れが落ち切らなくて顔がくすんでしまうのです。

 

 

ふき取りタイプのクレンジングもおすすめできません。

 

肌がこすれてくすんだり、肌を擦ることから摩擦が生まれ、くすんでしまうことがあるのです。

 

もちろん、しっかりとクレンジングせず洗顔料のみでメイクを落としていても同じです。

 

 

化粧水をあまりつけない場合や、スキンケアを付け過ぎていても肌がくすむことがあります。

 

ケアしなさすぎはいけませんが、ケアをし過ぎていても摩擦が生じてしまい、肌に悪い影響となっています。

 

 

もちろん、紫外線ケアをしていない場合も顔がくすみがちです。

 

特に、日焼け予防剤を使わずメイクをしていると、どんどん顔が黒くなってしまう場合があります。

 

↓劇的効果!最新毛穴ケア

page top